顔脱毛の副作用!脱毛サロン・医療脱毛クリニックの肌トラブルって大丈夫!?敏感肌でもできる?

顔脱毛の副作用 顔脱毛

顔脱毛の副作用や肌トラブルは誰にでも起こりうる?

それなら敏感肌やアトピー肌の人は無理?

その疑問にお答えします。

 

顔脱毛は副作用やリスクがあるってホントなの!?

顔脱毛は副作用やリスクがあるのか知りたい!

顔脱毛は副作用やリスクがある?

脱毛するうえで気になるのが副作用やリスクがあるかどうか

肌が赤くなったり、毛が逆に増えたりなど副作用があると、施術するのが不安になりますよね。

 

副作用やリスクはないと言いたいところですが、硬毛化、多毛化といった副作用が報告されています

 

硬毛化というと、字から毛が硬くなってしまうのかと思ってしまいますが、硬くなるのではなく、脱毛で光を当てた部分の毛が太くなってしまうという副作用です。

 

産毛などの細い毛に起きやすいという事なので、副作用やリスクとして考えていいでしょう。

多毛化というのは、脱毛前より光を当てた部分の毛が増えてしまうというもの。

 

ただ、毛穴の数以上の毛は生えてきませんので、ずっと毛量が増え続けるわけではありません。

 

どちらもはっきりとした原因はわかっていないようですが、光を当てた事によりその部分の細胞が活発になるからだと言われています

 

原因がわかっていない以上防ぎようがありませんが、明らかな症状がある場合は必ず担当者に報告しましょう

 

副作用やリスクと聞くと怖くなってしまいますが、当てる光の強さや種類を調整して解決するので安心してくださいね。

 

顔脱毛の副作用で肌荒れや肌トラブルが出た場合の対処法

顔脱毛の副作用で肌荒れや肌トラブルが起きたら?

副作用の対処法をまとめました。

顔脱毛の副作用で肌荒れや肌トラブルが出た場合の対処法

副作用により肌荒れや肌トラブルにつながるケースもあります。

一番起こりやすい副作用としてあげられるのが火傷による肌トラブル

 

当てる光が強かったり、脱毛前の日焼けによりそのリスクは高まってしまいます。

施術中に痛みを感じたら必ずその都度伝えるようにしましょう

 

他の副作用としては、一見ニキビのように見える肌荒れをする場合があります。

これは毛嚢炎といい、脱毛によりダメージを受けた肌に雑菌が感染して起こるもの。

 

また毛、嚢炎までいかなくとも、肌に炎症が起き赤みを帯びる事もあります。

 

これらすべての肌荒れ、肌トラブルはクリニックで見てもらい、処方された薬を塗る事ですぐに収まることが多いです

 

副作用は多く起こるものではありませんが、万が一を考えて、脱毛前の日焼けや、脱毛後の体温を上げる行為などの禁止事項は必ず守るようにしましょう

 

すべてをサロンやクリニックに任せるのではなく、自分自身で副作用を起こさないよう、気を付けるのも大切なのです。

 

顔脱毛は敏感肌やアトピー肌でもできるのか調べた!

顔脱毛は敏感肌やアトピー肌でも可能?

顔脱毛は敏感肌やアトピー肌でもできる?

敏感肌やアトピー肌の人は日頃からお肌のケアに気を付けているかと思いますが、脱毛するとなると「やらない方が良いかな」と不安に思いますよね。

 

敏感肌やアトピー肌の人でも問題なく処理ができるでしょうか。

 

敏感肌やアトピー肌におすすめの脱毛法がハイパースキン脱毛というもの。

 

ハイパースキン脱毛は痛みを伴わず、温度も体温ほどにしか上がらないので、熱い思いもしないという特徴があり、敏感肌やアトピー肌のひとにおすすめです。

 

その他の脱毛法では熱さから痛みを感じる場合が多いので、敏感肌やアトピー肌の人じゃなくてもできるだけ痛みを避けたい人にもおすすめの脱毛法です。

 

痛みを伴わないことから、子供にも使うことができたり、医療機関でも肌の弱い方のケアに使われる場合もあると言うから安心。

 

また、その他の脱毛法だと毛の周期や肌へのダメージを考え1~3か月に1回の施術というものが多いですが、ハイパースキン脱毛では2,3週間間隔で脱毛するのが可能なのです

 

回数を重ねないと効果を感じにくいと言われるハイパースキン脱毛ですが、他の脱毛法より短い間隔で通う事ができるので、結果的に短い期間で済みます。

 

肌トラブルが起きにくい脱毛法なので、敏感肌やアトピー肌の人にも安心しておすすめできるハイパースキン脱毛。

 

敏感肌など肌トラブルに心配がある人は、導入しているサロンを選んでくださいね。

コメント